アクセス数を上げるに釣られるな

射手座哲学

アクセス数を上げるに釣られるな

ブログの訪問者数、View数、FBやTwitterのいいねの数。数字で見える部分。世の中のSNSのシステムは、本当に巧妙で、素晴らしいとすら思う。

それは、「不安定」「不確実」だからこそ「認めて欲しい」「わかってほしい」という「承認欲求」を「アクセス・いいね数」で得られてる「ような」感覚にさせているから。

見掛けの数字に釣られないようにするには、自分が「何が目的だったのか」をわかっていないと、すぐにそういう「小手先キャッチ」に釣られてしまうだろう。

 

本当のゴールはどこだった?

僕みたいな個人事業をやっている人は、アクセス数に拘る人も多い。コンサルタントはよくそこを教えるために講習会をやったり、コンサルティングセッションをしてる。

でもよく考えて。

アクセスが伸びること=お客さんが来ること

ではないでしょ。

アクセス数が多いに越したことはないって僕も思う。でもそれに躍起になって、何の面白みもない内容だったり、惹かれない記事になってしまったり、記事数をこなすだけになってしまったり、自分らしくない誰かを気にした投稿になってしまったら。

会社員で時間や数字に縛られて働いていたときと同じに事をしているって気づくと思うんだ。

あなたがどんな人で、どんな考えで、どんな想いの人なのか、わかるような記事が増えることが、最終的にあなたの魅力に惹かれて会いに来てくれたり、作品や物販品を買ってくれたりするんだよ。

 

不特定多数に向けた時代はおしまい

チラシを撒く、やたらにシェアボタンを押しまくる、ルーチンワークな勧誘、営業。どこの誰に届けたいのか、さっぱりわからない、不特定多数の発信では、もう全然人々の心は動かない。

誰に届けたいのか、どうやったら届くのか、丁寧にやらないとこんなに情報が多い世の中で届くわけがない。

届かない=知ってもらえない=お客さんは来ない

こんなループになってしまう。

 

やってるフリとやってる感に酔ってしまう

ブログ記事で告知を書く、FBやTwitterに貼り付ける、拡散する。

メルマガで予定や新商品を紹介する、配信する。

このルーチンワークは、やってる人がやってる感に酔ってしまっていたり、やってるフリみたくなってしまう。

「これだけいろいろな手法で集客を促してるんですが、来ないんです」

っていう相談のときはおおよそこういうことだ。

 

自分が相手の立場だったらって思えるかどうかだけなのかなって最近よく思う。相手の立場だったらどうしてほしいと思うか?

仕事ってそういうものだった(過去)はずなのに、いつの頃からか、「自分だけが良ければいい」という形になってしまったんだろうと思う。

とにかく

見掛け数字と小手先テクニックで人は動かない。

あなたという人がどんな人でどんなことを感じてきたのか、経験と体験を語り、あなたの価値が現れないと人もお金も物も何も集まらないことは確かだろうと思うんだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

5/19:10:00 静岡牧之原・牧之原鑑定会
5/21:13:00 静岡焼津・数秘心理学応用・マスター講座
5/23:13:00 広島福山・数秘心理学基礎講座
5/25:13:00 静岡焼津・天然石メンテナンス&曼荼羅カフェ
5/30:13:00 静岡焼津・双子座新月会@焼津市石津陽だまりサロン6/2:10:30 横浜関内・横浜ヒーリングマーケット@ラジオ日本ビル
6/8-9:11:00 大阪天満橋・大阪ヒーリングマーケット@ドーンセンター
6/13(木)14:00 東京大田区・東京シーグラスアートワークショップ
@雪が谷大塚駅近く個人サロン
6/14(金)13:00 東京墨田区・わんことわたしのWS(予定)
6/15(土)13:00 東京墨田区・東京ギルドミーティング(非公募)
6/16:13:00 東京墨田区・数秘心理学標準講座
6/19:10:00 静岡牧之原・牧之原鑑定会
スケジュールはこちら
コミュニティ
数秘メッセージメールマガジン

The following two tabs change content below.
愛知県犬山市生まれ・静岡県御前崎市在住・スピリチュアルコンサルタント、メンター、言語聴覚士国家資格、日本心理学会認定心理士。 生まれ持った「数字や星の配置」から人間関係、仕事、お金、夫婦、家族、恋愛、企業経営、起業活動の悩みを解決に導く。全国各地で相談や講話会、講座を展開し年間相談件数は1500件以上、講座卒業生は20名以上。モットーは「信じて行動すれば全て叶う」
タイトルとURLをコピーしました