世の中からお金がなくなると見えるもの

ラクに生きるこころの持ち方

世の中からお金がなくなると見えるもの

2/3節分

2/4立春

2/5水瓶座新月

クロールのターンをパシパシパシッと決めるかのようなこの暦、月のイベント。

少しだけ先の天空図を眺めながら、最近起こる出来事を注意深く眺めていると、このイベントは「大きく時代が変わっていくイントロダクション」のような気がしてならない。

お金という紙幣や硬貨が生まれて、僕らはそれをとても大切にしてきたからこそ、今は生活の1部となって、生活になくてはいけないものになった。

もしこのお金が世の中からなくなったとしたら、見えてくるもの、残るものはなんだろう。

きっと僕らは、「目に見えるもの」がなくなると「見えないもの」の大切さがわかるんだと思う。

今すぐとか、少し先でお金が世の中から消えるかというとそうでもない。でも10年とか長いスパンでみたとき、きっと現金を支払うということがほとんどない世の中になるんだと何となく思える。

スマホがこれほど普及して、支払いがスマホで出来る時代になり、アジア圏でも中国や韓国ではキャッシュレスが進んでいると聴く。

財布にお金をかけた時代からスマホカバーにお金をかける時代が来るかのように、スマホがお財布になり、デジタルで映し出される数字がお金の代わりをする。

生まれたときから「お金」という紙と銅を「大切にしろ」「貯めろ」と言われてきたから、数字だけが動く社会が想像できない。

僕らが持つ「お金」の大切さはそのまま、僕らが持つスマホの中の「数字」の大切さに移るんだろうか、なんて思ってしまうときもある。

でもさ

よく考えてみて。

「何か」の価値に対して、お金を使うのか、数字をピッとやるのかの違いなだけなんだ。根本にある「何か」はきっと変わってない。

大昔に金の延べ棒から紙幣に変わったときもきっとそうだったに違いない。

その「何か」を今こそしっかりと捉える時期なんじゃないかと、何故か僕は身体の内側から激しく思う。このタイミングを逃してはダメだ!!というくらいに。

変わってしまって、移ってしまって、いつもと変わらない日常になってしまったら、また今の僕たちが「お金」を普通に使っていたりするのと同じ感覚になってしまう。また「正体」がわからないまま、それに振り回されたりする。

この移り変わりの時期に、ペロッと剥がれて見えそうな、お金の本当の正体をジッと見つめたほうがいい、この先、ペロッと剥がれるタイミングがもしかしたら、ないかもしれないなんて思うと、ますます、そのペロッと剥がれるほんの一瞬を逃してはいけない気がする。

お金という支払い方法が変わっても、変わらずに残っている物。それは「価値」。人間が生み出す「価値」。人間そのもの。人柄や人となり、その人の言っていることややっていること。

また長い長い前置きだなと思われるかもしれないが、端的に言えば、とてもシンプルで、「価値」は「信用」「信頼」なんだと。

ペロッと剥がれて見えるものは、「へ?」なんていうくらい、何でもないような、でも実はとても大切なものなんだと思う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

5/19:10:00 静岡牧之原・牧之原鑑定会
5/21:13:00 静岡焼津・数秘心理学応用・マスター講座
5/23:13:00 広島福山・数秘心理学基礎講座
5/25:13:00 静岡焼津・天然石メンテナンス&曼荼羅カフェ
5/30:13:00 静岡焼津・双子座新月会@焼津市石津陽だまりサロン6/2:10:30 横浜関内・横浜ヒーリングマーケット@ラジオ日本ビル
6/8-9:11:00 大阪天満橋・大阪ヒーリングマーケット@ドーンセンター
6/13(木)14:00 東京大田区・東京シーグラスアートワークショップ
@雪が谷大塚駅近く個人サロン
6/14(金)13:00 東京墨田区・わんことわたしのWS(予定)
6/15(土)13:00 東京墨田区・東京ギルドミーティング(非公募)
6/16:13:00 東京墨田区・数秘心理学標準講座
6/19:10:00 静岡牧之原・牧之原鑑定会
スケジュールはこちら
コミュニティ
数秘メッセージメールマガジン

The following two tabs change content below.
愛知県犬山市生まれ・静岡県御前崎市在住・スピリチュアルコンサルタント、メンター、言語聴覚士国家資格、日本心理学会認定心理士。 生まれ持った「数字や星の配置」から人間関係、仕事、お金、夫婦、家族、恋愛、企業経営、起業活動の悩みを解決に導く。全国各地で相談や講話会、講座を展開し年間相談件数は1500件以上、講座卒業生は50名以上(2017年時点)。モットーは「信じて行動すれば全て叶う」「私もあなたもみんな幸せに!」

最新記事 by ひろひろ(松井宏樹) (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました