あなたの発信を待っている人がいます

Work&Money

あなたの発信を待っている人がいます

ブログは書いたほうがいいですか?

そんな質問もイベントの時に

よく聞かれる内容です。

 

答えは

「書いて!」

 

あなたの良い経験、苦い体験

それが誰かの役に立つというお話です。

凸凹感が人間らしくて

いいことばかりの人生だったら

どれだけつまらないものでしょう。

 

なんてことは

過ぎ去ったことだから

言えるのかもしれません。

 

その真っただ中にいるときは

そんなことこれっぽっちも思えないです。

 

かという僕も

言語聴覚士で勤務した病院を退職して

起業しましたが

 

全く!ほんとにこれこそ「0」

 

収入もなければ、物も買えない

お客さんも来なければ

もちろん固定客もいない

そんな時期が4-5年あった気がします。

 

「ぁあ、僕の人生はうつ病とともに終わったか」

と半ばあきらめかけたような時期。

 

そんな経験や体験

そこからのストーリーや学び、気づき

それを「今」欲しいと思っている人がいるのです。

 

自分をさらけ出すようで

かっこ悪すぎますが

でもこんな体験でも

渦中の「誰か」はすごく助けになる。

 

凸凹した生き方が

人間味を表して

親近感を持たせるのかもしれません。

 

あなたという人を出す時期

そんな凸凹人生を振り返り

「あのときこうだったんだ」

「でも〇〇って言ってくれた人がいてね」

「こんな風にやったらこうなったよ」

なんて話が

あなたの「付加価値」を作り出します

 

これが「付加価値」ではなく

物の「価値」、サービスの「価値」になるのは

時間の問題です。

 

「多く」「たくさん」の時代が終わりを告げようとしています

 

 

あなたの貴重なあの経験、あの体験。

誰かに届けるツールとして

ブログがあるのだと思うのです。

The following two tabs change content below.
愛知県犬山市生まれ・静岡県御前崎市在住・スピリチュアルコンサルタント、メンター、言語聴覚士国家資格、日本心理学会認定心理士。 生まれ持った「数字や星の配置」から人間関係、仕事、お金、夫婦、家族、恋愛、企業経営、起業活動の悩みを解決に導く。全国各地で相談や講話会、講座を展開し年間相談件数は1500件以上、講座卒業生は20名以上。モットーは「信じて行動すれば全て叶う」

最新記事 by ひろひろ(松井宏樹) (全て見る)