ハッシュタグを活用せよ~遠くでも見つかる同じ好みの人

ブログ術

ハッシュタグを活用せよ
遠くでも見つかる同じ好みの人

Googleで検索する

いわゆる、「ググる」

から

ハッシュタグで

辿っていく

「タグる」という時代に。

 

そこには

沢山の人が見ていること

よりも

自分に合ったもの

を探したい気持ちが

ポロッと出ちゃってる。

 

誰に見てほしいの?

InstagramやTwitter

アメブロまでもがハッシュタグ。

それって

誰に見てほしいのか

発信してる人が主張してるんだよね。

誰でも良いわけじゃないのが

ちょっと昔と違う気がする。

 

「検索のキーワード」みたいな

そんな気分で見てると

「どんなキーワードで見つけて欲しいのか」

がわかる。

 

タグのジャンル

タグには種類があるらしい。

1つは「オブジェクトレベル」。

見たままのもの。

「ワイヤーアート・ターコイズ・ペンダント・ネックレス」

そういったものだ。

 

2つ目は「クリシェ」。

これは情報がどんな人なのかを知るもの。

僕はあまり使ってないんだけど

例えば

「ワイヤーアートが好きな人と繋がりたい」

などの常套句。

 

3つ目は「メタレベル」。

これはその人の感情のこと。

例えばこれにつけるなら

「くるくるしてて可愛い」

「作ってると指先が痛い」

「飛躍したい人に付けて欲しい」

みたいな説明的なもの。

コミュニケーションに近い感じ。

 

この記事も参考になるよ

タグるの意味とは?その使い方とググるとの言葉の違いを解説! - My News23

 

何を発信してるのか

あなたの

「発信したいこと」

「見つけて欲しい人」

がはっきりしていると

ハッシュタグをうまく使えるし

検索ワードもしっかり絞れる。

 

例えばこのSNS講座。

付けるんだったら

「講座」「東京」「SNS」「数秘」

っていう大きなカテゴリーのワードや

「Webの使い方」「SNSの使い方」

っていう中くらいのカテゴリーのワード

「個人活動を拡げたい人」

「魅力的な発信をしたい人」

っていうクリシェでも面白いかも。

 

「その人」に向けた発信に

誰かわからないけど拾って

というよりか

こんな人と一緒にやりたいな

こんな人に見てほしいな

という

「その人」をイメージした個人への発信

これからのネット文化になるんだろうな。

 

感情を含めたハッシュタグなんて

遊び要素満載で楽しいじゃんね。

そんな楽しみ、遊びも

これからの使い方なんだろうな。

 

#エンターテイメントな気分の講座になっちゃうひろひろさん

#真面目半分笑い半分な講座っていいよね

みたいに。

 

スケジュール

12/6:15:00 静岡金谷・鑑定施術会(満席)
12/7:13:00 焼津・射手座新月会
12/9:10:00 宮城仙台・ボンヴォヤージュイベント出展
12/13:10:00 静岡牧之原・鑑定施術会(満席)
12/15:13:00 広島福山・手当施術法ベーシック(どなたでも)
12/16:10:00 広島福山・Angel Blessイベント出展
12/20:13:00 静岡焼津・手当施術法講座スタンダード
12/23:10:00 東京墨田区・DELIGHTイベント出展
12/28:13:00 焼津・ヒーリング講座スタンダード / 焼津市石津サロン

2019年
1/4:13:00 静岡焼津・山羊座新月会
1/5-6:10:30 東京水道橋・東京ヒーリングマーケット出展
1/9:13:00 静岡焼津・チャネリング講座
1/13:10:00 静岡牧之原・鑑定施術会
1/16:13:00 静岡焼津・数秘心理学基礎講座
1/23:13:00 静岡焼津・曼荼羅アートワークショップ
1/26-27:11:00 大阪ヒーリングマーケット出展
2/1:13:00 静岡焼津・水瓶座新月会
2/6:13:00 静岡焼津・インナーチャイルド心理学講座
2/9:10:30 横浜関内・横浜ヒーリングマーケット出展
2/22-24:10:00 東京浅草橋・浅草橋ヒーリングマーケット出展
3/2:静岡県御前崎・お花見マルシェ出展

The following two tabs change content below.
愛知県犬山市生まれ・静岡県御前崎市在住・スピリチュアルコンサルタント、メンター、言語聴覚士国家資格、日本心理学会認定心理士。 生まれ持った「数字や星の配置」から人間関係、仕事、お金、夫婦、家族、恋愛、企業経営、起業活動の悩みを解決に導く。全国各地で相談や講話会、講座を展開し年間相談件数は1500件以上、講座卒業生は20名以上。モットーは「信じて行動すれば全て叶う」

最新記事 by ひろひろ(松井宏樹) (全て見る)