弱さすら魅力な時代へ

ラクに生きるこころの持ち方

弱さすら魅力な時代へ

昭和から平成へ。そして令和へ。

昭和時代は

「めそめそすんな!」

「精神的に強くあれ!」

「努力と根性だ!」

「てめぇが弱いからだよ!」

みたいな「熱血時代」でした。

僕もそんな社会で育った一人。

 

「弱い」=「ダメ」

そんな時代に生きると

自分の弱さは克服しなければいけない

できないことはダメなことである

って思うから

できなかったり、失敗したり

そこでへこんだりすると

自分で自分にダメ出ししまくるんだよね。

しかもそんな気持ちを表に出せない。

我慢と忍耐が美徳としてしまったんだよね、僕らも。

 

受け継がれてしまった美徳

そんな昭和が中核になった平成。

その時代に育てられた子たちも

おそらく同様にしか言われなくて

今も我慢し続けているんだと思う。

 

我慢しないとだめだ

でももう限界だ

できない自分はもう社会にいられない

そんな気持ちでドロップダウンし

引きこもったり

中には自殺したりする子もいる。

 

本当にそれを僕らは目指してきたのかな。

 

僕らだけじゃなく

僕らの前に生き抜いた世代も。

きっとそうじゃないはず。

 

「我慢して苦しくて死ぬくらいなら

辞めて生きろ」っていうはずだ。

 

これからは弱さも魅力だ

こうしてみんなの中に

押さえこまれているだろう

「それぞれの弱さ」

 

「~ができない」

「~になれない」

みんなと同じように生きられない

 

そんな弱さで苦しんでいる人は

きっと同じように苦しんでいる人が

必ずいるから安心してほしい。

 

みんなが出来てる部分を

同じように出来るようになっても

みんなと同じとしか思われないけれど

 

みんなと同じように出来ない

僕らが「弱さ」と思ってきた部分。

それにあなたと同じように

「苦しんでいる」人がどこかに必ずいる。

 

弱さをさらけ出してもいい

わざわざ何か得る目的で

弱さを武器のように使うのはどうかと思うけど

 

私は僕は

こんなできないところがある

だから

助けてほしい、手伝ってほしい

って言えたら。

 

同じように出来なくて

自分を責め続けている誰かの安心になるし

逆に

出来る人には役割になる。

 

弱さは魅力。

あなたが出来ないことは

きっと誰かが出来ることで

誰かのできないことは

あなたが出来ることかもしれない。

あなたは僕は

出来ることで支え合えるのかもしれない。

そう

凸凹みたいに。

 

そんな社会を作るのには

まず

出来ないこと

弱いと思い込んでる部分を

世にさらけ出すしかないのかもしれない。

 

あなただけじゃないよ

僕も、誰かも

きっと出来ないことたくさんあるよ

助けて、手伝ってって言おう

そしてそれを

無視しない社会にしていこう

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

5/19:10:00 静岡牧之原・牧之原鑑定会
5/21:13:00 静岡焼津・数秘心理学応用・マスター講座
5/23:13:00 広島福山・数秘心理学基礎講座
5/25:13:00 静岡焼津・天然石メンテナンス&曼荼羅カフェ
5/30:13:00 静岡焼津・双子座新月会@焼津市石津陽だまりサロン6/2:10:30 横浜関内・横浜ヒーリングマーケット@ラジオ日本ビル
6/8-9:11:00 大阪天満橋・大阪ヒーリングマーケット@ドーンセンター
6/13(木)14:00 東京大田区・東京シーグラスアートワークショップ
@雪が谷大塚駅近く個人サロン
6/14(金)13:00 東京墨田区・わんことわたしのWS(予定)
6/15(土)13:00 東京墨田区・東京ギルドミーティング(非公募)
6/16:13:00 東京墨田区・数秘心理学標準講座
6/19:10:00 静岡牧之原・牧之原鑑定会
スケジュールはこちら
コミュニティ
数秘メッセージメールマガジン

The following two tabs change content below.
愛知県犬山市生まれ・静岡県御前崎市在住・スピリチュアルコンサルタント、メンター、言語聴覚士国家資格、日本心理学会認定心理士。 生まれ持った「数字や星の配置」から人間関係、仕事、お金、夫婦、家族、恋愛、企業経営、起業活動の悩みを解決に導く。全国各地で相談や講話会、講座を展開し年間相談件数は1500件以上、講座卒業生は50名以上(2017年時点)。モットーは「信じて行動すれば全て叶う」「私もあなたもみんな幸せに!」

最新記事 by ひろひろ(松井宏樹) (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました