経験値は行動と言葉になる

ラクに生きるこころの持ち方

経験値は行動と言葉になる

僕も40歳を過ぎて

人生折り返しているのか、そろそろ折り返し地点なのか

その辺り。

こんなに生きていてもダメだなと思う部分ってあるだよね。

 

社会人の経験値が少ない僕

言語聴覚士、心理士。

今僕はスピリチュアル分野で講座や講話をやっているけれど

何か地味に続いているものが

この言語聴覚士、心理士の仕事。

今年でもう20年目。

でも僕の仕事歴はこれしかやったことがない。

 

昨日のとあるエピソード。

「ひろひろさん、今日は終わったら食事は一緒に行く?」

と誘って頂いたときのこと。

僕は

「今日はお休みします、ごめんなさい」

と伝えたんだけど

ある人は

「すんません、今日は行けないんですが、また明日お世話になるのでよろしくお願いします」

って答えてるところを見たんだ。

 

なるほど・・・

こうやって答えるのか・・・。

誘ってくれた相手のことを思うと

明日またお世話になります。

って言われたほうが嬉しいよなぁ

そんなことを思いながら聞いてた。

 

このエピソードと言語聴覚士のことと

何の関係があるのかというと

「社会人経験の多い人ほど、場面の経験値が多くて言葉を選べる」

ように感じたんだ。

 

いろいろな経験をしてくると

こういう場面で

気の利いた言葉が言えるし

そういう行動が取れるんだと思う。

 

目に見えるステータス。

資格や学歴、何かの業績の数字を

武器にする人って

「これがあれば認めてもらえる」

みたいな気持ちになることがあると思うんだ。

 

僕は言語聴覚士、心理士っていう

ダブルライセンスが武器だった。

だからこれがあれば社会に認められるって

本気で思っていたし

そこに屁でもないプライドも持ってしまっていた。

 

でも違うんだよね。

そんなのじゃなくて、経験値と人柄。

会場に入ったときの挨拶1つにしても

こういった場面の断り方にしても

ほんとに出るんだなぁ、人柄と経験値。

 

屁でもないプライドを持って

生きてきた時間が長かったから

僕は社会人経験を

今積んでる感じも正直ある。

 

こういうところに出る

人柄、経験値。

 

その人の中では断り文句になっていたとしても

それを断り文句として選んでるっていう

その人柄、経験値。

 

言葉って丁寧で気持ちが伝わる

そういうもののほうがいいな

そんな風に感じた日でした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

5/19:10:00 静岡牧之原・牧之原鑑定会
5/21:13:00 静岡焼津・数秘心理学応用・マスター講座
5/23:13:00 広島福山・数秘心理学基礎講座
5/25:13:00 静岡焼津・天然石メンテナンス&曼荼羅カフェ
5/30:13:00 静岡焼津・双子座新月会@焼津市石津陽だまりサロン6/2:10:30 横浜関内・横浜ヒーリングマーケット@ラジオ日本ビル
6/8-9:11:00 大阪天満橋・大阪ヒーリングマーケット@ドーンセンター
6/13(木)14:00 東京大田区・東京シーグラスアートワークショップ
@雪が谷大塚駅近く個人サロン
6/14(金)13:00 東京墨田区・わんことわたしのWS(予定)
6/15(土)13:00 東京墨田区・東京ギルドミーティング(非公募)
6/16:13:00 東京墨田区・数秘心理学標準講座
6/19:10:00 静岡牧之原・牧之原鑑定会
スケジュールはこちら
コミュニティ
数秘メッセージメールマガジン

The following two tabs change content below.
愛知県犬山市生まれ・静岡県御前崎市在住・スピリチュアルコンサルタント、メンター、言語聴覚士国家資格、日本心理学会認定心理士。 生まれ持った「数字や星の配置」から人間関係、仕事、お金、夫婦、家族、恋愛、企業経営、起業活動の悩みを解決に導く。全国各地で相談や講話会、講座を展開し年間相談件数は1500件以上、講座卒業生は50名以上(2017年時点)。モットーは「信じて行動すれば全て叶う」
タイトルとURLをコピーしました